働きやすい環境づくり

みなさんが働きやすい環境づくりに取り組んでいます!

有給消化率 84.8%

オンとオフのメリハリをしっかりつけるのは、元気に働くためにも大事なこと。地方出身者は、公休と有給をあわせて1~2週間の休暇をとり、帰省に充てることもあるそうです!
年次に関わらずシフトの希望が通りやすいように、マネージャーが配慮しています!

育児休暇復帰率 90.9%

2015年度は、11人中10人が育児休暇を終えて、職場に復帰してきました!残りの1人は旦那さんの仕事の都合で転居だったので、ほぼパーフェクトに近いと言えます。
保育支援が充実しているということが、データでも証明されました!

1年目看護師の離職者 0人

新人育成委員会を設け、手厚いフォローを心がけてきたおかげで、委員会を設けてから5年間、離職者が出た年はたったの1回だけ。
2015年度の1年目看護師も全員、2年目を迎えてくれました!
これからも、働きやすい職場を目指します!

※上記3つの数値は、2015年度実績によるものです。

仕事と家庭の両立って大変?

育休を利用した先輩へインタビュー

井手段:先輩は3人もお子さん育てて、すごいですよね~。仕事と家庭の両立、大変じゃないですか?
安部:大変だけど楽しいよ!実は私、以前は他の病院のNICUで働いていたんだけど、夫の転勤もあって離職したんだ。それで子どもが2人の頃に新都市にパートで入ったの。脳外もオペ室も初めてだったんだけど、楽しく働いてるうちに、いつの間にか正職員になってた(笑)。
井手段:へぇ~!それってやっぱり支援が充実してるからできることですよね?
安部:そうだね。まず保育園がしっかりあるし、保育園から提携の幼稚園まで保育士さんが子どもを送迎してくれるサービスもあるよ。自分が送っていかなくても幼稚園に通わせることができるのは、すごくありがたいね。幼稚園から帰ってきてそのまま延長保育に預けることもできるし。
あとオンコールのときも、必ず夜勤の保育士さんがいるときにシフトを調整してもらえるんだ。子ども3人いると、やっぱり経済的にもしっかり働きたいし、支援があるのは本当に助かるよ!