子育て支援

育児支援制度が充実!

制度だけじゃなく、職場の理解があるから安心です。


平成19年度入職
平塚 沙和
「充実した子育て支援」を求めて当院へ転職。育児をしながら循環器病棟の師長を務めるママさんです。

職場は、小さいお子さんを持つ人が多いので、子育てに対する周囲の理解が深く、突然子どもが具合を悪くして休むことになっても、みんなサポートしてくれるので安心して働けます。同じ境遇のスタッフが身近にいることは、本当に心強いですね。保育所も24時間体制で、夜勤にも対応してくれますし、幼稚園への送迎もしてくれるので、とても助かっています。
支援体制が充実しているからこそ、仕事や資格にもどんどんチャレンジしたいという意欲が湧いてくるんです。
また、病院周辺地域は子育て環境としても優れています。歩道と車道がしっかり分かれていたり、お店も子どもがいる前提のつくりになっていたり、安心して子どもと一緒に出かけられるんですよ。

・保育所は0歳児から小学校就学まで。365日、24時間保育です。
・月に1回仕事が休みの日でも子供を保育所に預けることも可能です。



【その他 ママさんナース達からの声】
・病院に保育所・駐車場があるので子供と一緒に通勤できます。
・子供が幼稚園生になったら提携の幼稚園まで病院車で送迎してくれます。
・会議・研修や学会参加時、預けることが可能なので、キャリアアップをあきらめずに挑戦できます。

 

寮生活

職員寮は横浜・渋谷へアクセス抜群

快適な一人暮らしでしっかりリフレッシュできます。

平成26年度入職 回復期・リハビリテーション病棟
池﨑 加那
鹿児島県出身。奨学金を借り当院へ。回復期・リハビリテーション病棟で、患者さんが退院した後も安定した生活ができるよう看護をしています。

私達が住んでいる寮は一般のマンションを借りているため、住人は職員だけではありません。そのため、家に帰っても職員と顔をあわせることがほとんどなく、夜勤の人がいるから物音を立ててはいけないなどと気を遣わなくていいので、通常の職員寮よりも気楽に生活することができます。
さらに、このマンションには同期の友達が2人いるので、行き来したり、悩みがあるときは励まし合ったりしています。また近所にはスーパーもあり、買い物に不自由することもなく快適に生活できています。環境も落ち着いていて、初めての一人暮らしでも安心して過ごせますし、最寄駅からは横浜や渋谷にも行きやすいので、休日には友達と出かけてしっかりリフレッシュしています。

life-dormitory

・寮費について

寮費は約35,000円から40,000円。住宅手当の支給が12,000円なので、負担は30,000円以内。
寮は、通勤時間が5~30分以内のところにあります。