リハビリイメージ

急性期と在宅療養のクッションとしての役割を担う

急性期から回復期にスムーズに移行できる

回復期image

急性期を脱した患者さんは、在宅療養が可能な状態であれば退院しますが、再出血・再梗塞のリスクがある場合は、しばらく入院しながらリハビリを続ける必要があります。多くの大学病院や総合病院は急性期を専門とするため、回復期では別の病院に転院しなければなりませんが、当院には回復期リハビリテーション病棟があるため、患者さんは院内で移動するだけで良いのが特徴です。
「患者さんにとって、同じ病院内で働くスタッフの支援を継続的に受けられることは安心と信頼につながりますし、スタッフも情報の共有をスムーズに行うことができ、質の高い看護ができます。また、再発した場合に急性期の医師がすぐに対応できることも大きなメリットと言えますね。」
回復期image
このように、急性期と在宅療養のクッションとしての役割を担う病棟があることで、患者さん本人と家族が自宅や施設に帰るまでの心の準備ができますし、リハビリも余裕を持って進めることができるのです。