急性期

病棟での普段の様子をふまえ、リハビリや障害受容をサポートする

退院後の生活を見据えできるだけ機能を残す

脳神経外科image

急性期一般病棟では、脳の疾患全般において、まだ状態が安定していない患者さんを看たり、SCUから移ってきた患者さんの術後管理などをしています。細やかな観察とケアはもちろん必要ですが、同時に回復後(退院後)の生活をイメージしたリハビリを始める時期でもあります。医師・リハビリ専門職などと話し合って患者さんの目標を決め、常に情報を共有しながら、できるだけ多くの機能を残せるようにチームで取り組みます。
「脳の疾患は様々な障害と隣り合わせですが、リハビリによって残せる機能も少なくありません。普段の病棟での様子から、このあたりの機能は残せるのでは…と気づくこともあります。回復後の生活設計や家族の受け入れ態勢なども、接するなかで少しずつわかってきます。限られたリハビリの時間をどう使い、どの機能を残せば退院後の生活がより良くなるか――そんな観点から、私たち看護師も積極的に情報を集め、他職種と共有しています。」

患者さん本人と家族が納得できるよう支援する

脳神経外科image

脳卒中は、ある日突然発症することが多い病気です。後遺症が残ると、それまでできていたことが突然できなくなり、患者さん本人も家族も、大きなショックを受けることになります。医師から、病状や今後の回復見込みなどについて説明を受けても、冷静に考えられない方も少なくありません。
「医学的な説明をどんなにしても、患者さん本人や家族がそれを納得して受け入れなければ、リハビリにも前向きに取り組めませんし、医療チームへの不信感にもつながります。ですから私たち看護師は、患者さん本人と家族が病気・障害としっかり向き合い、退院後も付き合っていけるよう支援しています。例えば、患者さんがどの程度自分の病状や障害を認識しているのかを、普段からのかかわりのなかで把握し、そのうえで退院後の生活について話したり、家族にケアへの参加を促したりします。患者さん本人や家族に、目標を自分のこととして捉えてもらえるように働きかけているんです。」