地域包括ケア病棟

在宅療養への不安を解消し自信を持って退院してもらう

地域包括ケア病棟で退院時の不安を解消する

回復期image

高齢化が進むいま、患者さんが退院した後、住み慣れた地域で安心して暮らせるように支援することも、医療の大きな役割となりつつあります。そこで当院では、在宅療養を目指す患者さんの経過観察とリハビリテーションを行い、かつ在宅療養中に急変した患者さんの緊急入院にも対応できる病棟として、地域包括ケア病棟を設けています。病状が安定した患者さんが自宅や施設で安心して生活できるよう、病院全体でサポートしているのです。
「患者さんは退院に際して様々な不安を抱えています。私たちは不安や思いを汲み取り、病棟内リハビリやラジオ体操などを積極的に行うよう働きかけることで、患者さんが自信を持って退院できるよう支援しています。」
回復期image
救急で運ばれてきた患者さんが徐々に回復していき、無事に帰っていくところまでを見届けられるのは、看護師にとってのやりがいにつながります。これは超急性期から回復期まで看られる当院ならではの魅力と言えます。