中途入職者の紹介です🎵

 こんにちは、中途育成委員の平川です。
さて、今回は平成30年度に入職した中途採用者の紹介です。
1人目は 妊娠、出産で2年間ブランクがあり、現在子育て中のママさんナースです。

脳神経外科・整形外科の経験はあったのですが、ブランクと
子育てしながら働く事への不安がありました。
面接に伺った際に、総務の方がとても丁寧に病院の事を説明していただき、
院内見学の時にも、担当の看護師さんが気さくに話しかけて下さったことを覚えています。
 また保育室も見学させてもらい、保育の様子や雰囲気など知ることが
できたことが、この病院に就職を決めた理由です。
回復期リハビリテーション病棟に配属になり、楽しく働いています。
退院支援が主な援助ですが、一言で退院支援といっても患者様の状態や家族の意向も併せて
考えていくことが大切で、個別性のある援助が求められています。

しかし一人で患者様の援助を行うことは困難で、
スタッフ間でのコミュニケーションが大切だと思いますが、
チーム内でのカンファレンスはもちろん、それ以外の時間にも相談できる雰囲気で
とても心強いです。

また子育て中のスタッフも多く子育ての悩みや愚痴も聞いてもらったりしています。

 2人目は、脳神経外科手術看護における知識・技術を磨き、ステップアップを目指すために
転職を決めたオペナースです。

神奈川県でトップに入るほど手術件数も手術実績の多い
横浜新都市脳神経外科病院へ入職し1年が経とうとしています。
スタッフ間の仲が良く、仕事を進めていく上で先輩たちも優しく指導して下さるので、
悩んだときや立ち止まった時も、相談すると一緒に考えて下さり、
本当に恵まれているなと感じます。
院長が明るくて熱心で、わからないことを先生たちに聞くと熱心に教えて下さります。
手術室看護師と患者様の関りは一期一会だと思っています。
人生の中で手術を受けることは、そうないと思います。その一度の手術が、
嫌な思い出とならないような関りをしていくことを念頭に、
これからも頑張ってゆきたいと思っています。

謹んで新年のご挨拶を申し上げます

新年、明けましておめでとうございます。
みなさまにおかれましては輝かしい新年をお迎えのことと思います。

当院看護部は2019年01月01日現在、職員数321名でスタートしました。
院内の職員数の半数以上を占める看護部は、大きな組織になります。
看護部一同、今年も当院の理念である「患者さまの満足と安心を第一」を目指し、
また看護部理念である「安心、安全で満足できる看護の提供」の実現を
目指したいと思います。

当院は看護師の平均年齢32歳と若いメンバーで元気良く明るい看護部で頑張っています。
また、患者さまやご家族さまからいただいた貴重な意見を大事にし、
「チーム新都市」を合言葉に多職種連携の良さを強みに
今年も質の高い・心温まる看護を提供していきます。

本年も、何卒宜しくお願い申し上げます。

平成31年1月1日
看護部長 豊島 栄美子
副看護部長 氣田 ゆかり
副看護部長 尾形 明美