横浜新都市脳神経外科病院|認定看護師

認定看護師にキャリアアップ

資格取得制度

医療の現場では、高い専門知識が求められることが多くなっています。当院では、新卒・中途・年齢を問わず資格を取得することが可能です。
IMS(イムス)グループでは、人材育成支援のため、より専門性を磨き、更に高いレベルの看護を目指してもらうためのサポート体制が整っています。

長期にわたる外部研修費用は、すべて病院負担です。規定で認められた研修の場合、研修で病院をはなれている間も通常勤務扱いとなり、給与も保証されます。

制度の内容
  ○研修期間中の身分保障:研修前の身分・職位を保証します
  ○資格取得後奨励金の支給:受講料や交通費など研修にかかった費用の支給します
  ○退職金算定期間対象:研修期間中休職となるが、算定期間となるます
  ○貸付金支援:研修期間中の生活費の貸与します

認定看護師インタビュー

根拠をもって指導できる知識がほしかった

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 飯塚 さおり
慈恵第三看護専門学校 卒



私が認定看護師の資格を取ろうと思ったのは、年次が上がって後輩を指導する立場になった時でした。患者さんのためにも周りのためにも、根拠をもって指導できる知識がほしいと思ったんです。資格を取りたいと言った時、師長や部長が「全面的にバックアップするよ」と言ってくれて、とても心強かったです。イムスグループの支援制度もあり、経済面でも助かりました。グループ内で同時期に講習を受けた人たちとは、今もよく情報交換をしています。

どんどんチャレンジさせてもらえる環境です

資格を取ってからは、院内で指導や研修を頼まれる機会が増えました。医師や他職種からも、「認定の飯塚さんがそう言うなら」と聞いてもらえるようになったと感じます。今後は市民公開講座など、院外活動にも力を入れたいです。この病院はとても風通しが良くて、やりたいことにどんどんチャレンジさせてもらえる環境なので、自分から積極的に提案していきたいと思っています。

専門的知識が欲しかった


脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 富樫 めぐみ
育成会技術専門学校卒



私が看護師になり初めて就職したのが脳神経外科病棟でした。脳卒中や脳神経外科疾患の患者様は後遺症を残す事が多いです。看護師になり自己学習では限界があり、脳卒中についての専門的知識や技術、新しい情報を習得するため学びの場を広げたいと常に考えていました。認定看護師に興味があり迷っていたときに、後押ししてくれたのが看護部長でした。支援制度も整っていて、7か月間しっかり学ぶことができました。

資格を取ってからも日々自己研鑽

認定看護師の資格を取ってから、院内を中心に活動していました。最近は、市民公開講座や青葉区支部会、介護施設に通われているご家族を対象にした勉強会など院外の活動もしています。
認定看護師の学校で一緒だった同級生たちと情報交換をして脳卒中に関わる知識・技術を深めています。当院は、様々なことにチャレンジできる環境です。患者様、家族、スタッフに頼りにされる認定看護師になりたいです。今後は、院内の指導・実践をはじめ、院外でも活動できる場を広げていきたいです。

患者様に根拠のある知識と技術を提供したい


脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 田中佐和子
板橋中央看護専門学校卒



認定看護師の資格を取ろうとしたきっかけは、もともと人に教えることが好きで新人さんや中途入職のスタッフに教えていましたが、知識が曖昧であったことがきっかけでした。もっと根拠のある知識を持って教えたいと思うようになったこと、また脳神経外科が好きで患者さんにも根拠のある知識と技術を提供したいと思い認定看護師の資格をとりました。さらに当院には既に認定看護師が3名おり、活動を見て私も同じように活動したいと思ったのもきっかけの一つです。

脳神経外科の看護の楽しさも伝えていきたい

現在当院に認定看護師は3名いますが、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は私で3人目です。院内外研修や外来相談など様々な活動をしており、活動内容を把握して同じように活動できるよう日々勉強しています。今後は学んできた知識と技術を自分だけではなくスタッフ全員が患者様に提供できるような活動をしていきたいと思います。また、『脳神経外科看護って楽しい!』とスタッフにも思ってもらえるような関わりをしていきたいです。

認定看護師としての役割を実感

感染管理認定看護師 三田村 裕子
厚木看護専門学校卒



元々、日本看護協会の災害支援ナースだった私は東日本大震災の時も東北へ派遣されました。派遣先の避難所には数百人の方が生活しており、季節柄様々な感染症の方に接する中で「もっと感染対応ができれば」との思いが、感染管理認定看護師を目指すきっかけとなりました。認定資格取得後も、2015年東北北関東豪雨や2016年熊本地震で災害支援ナースとして活動しています。

活躍できるところは院外にもあります

現在は感染管理の専従として、認定看護師の役割である「実践・指導・相談」に基づき、病院全体の感染制御活動を行っています。また、近隣施設とも連携して地域間での感染防止対策を講じたり、IMSグループの感染相談窓口として3病院・5施設・2クリニックを担当させていただいたりしております。
感染症は誰にでも起こりうる事であり、正しい予防策を身につければ過剰に反応するものではありません。“感染対策の基本は手指衛生です”。流水と石けんできちんと手を洗う事または手指消毒剤を使う事です。そう言った基本的な事が当たり前にできることで、病院にいらっしゃる全ての方を感染からお守りしていくのが私の役割です。