キャリアアップできる環境

自分にあった看護の分野を、探す・選択することが可能な充実した教育体制

勉強中

当院では、クリニカルラダーに則って、看護師一人ひとりがキャリアアップできる教育体制を整えています。
また、脳外科専門病院として脳外科看護のプロフェッショナルを育てることに力をいれています。脳卒中リハビリテーション看護認定看護師を中心に企画されたキャリアアップ研修では、医師の講義では実際の事例を用いて解説されるため現場に直結する内容で好評となっています。

さらに、平成29年度より幅広く学習できる環境を提供するため院内セレクト研修を取り入れ、 “退院支援ステップアップ研修” “循内ステップアップ研修” “認知症ケア”“手術室看護”など、自分の興味のある分野を選択、学ぶことが出来る教育委ステムを構築しました。


中途採用者も安心して働ける

年2~3回の中途採用者向け研修があります。
また経験年数やそれまでの背景に応じたラダー研修に参加できます。


クリニカルラダーⅠ (新人教育研修)

看護基準・手順に沿って安全に看護が実施できる

入職後3年の間で、イムスグループ横浜ブロックの病院(11施設)で研修をセレクトし受講できる機会を設けています。2年目後半から3年目にかけては他病院への出向研修を受けることもでき、グループとしての強みを生かした教育体制を構築しています。
また、院内では、院内では新人教育委員会を設けて個々のサポートを強化しています。現場での看護実践に沿った講習や指導を受けることができ手厚い教育体制となっています。


クリニカルラダーⅡ 

看護過程が展開でき個別的なケアが実践できる

チームメンバーとして、与えられた役割を主体的に担います。部署の特殊性を理解し、必要な疾患や看護について自主的に学習するとともに、院内外の研修に積極的に参加し、実践に活かします。
当院では、2年目看護師向けの研修カリキュラムを実施しています。特にフィジカルアセスメントに力を入れた内容となっており、自ら判断し行動できる看護師の育成を目標としています。


クリニカルラダーⅢ

自らの専門性を見つけるためのサポート

専門的知識を活用し、スタッフに指導的に関わります。チームリーダーとしてチーム内の調整を図り、意欲的に業務改善に取り組みます。また研究を通じて専門領域の看護を深めます。
3年目以降になると、看護師としての専門性を身につけていくことになります。当院では各病棟の指導者がスタッフそれぞれの適性を見つつ、本人の要望も聞きながら、委員会活動・看護研究・学会発表などに積極的に参加するよう促しています。たまたま出席した委員会の内容が面白かったという理由で、感染対策やNSTに興味を持ち始めたという看護師もいます。


クリニカルラダーⅣ

専門領域での役割モデルになれる

部署の目標達成のために、管理的視点を持って行動します。看護実践において他のスタッフの人的資源になるとともに、医療チームのメンバーの力を最大限に発揮できるよう調整・指導します。 看護師としてさらに成長していくためには、指導する立場としてのスキルアップも求められます。そこで当院では早いうちから、イムスグループ本部で行われるフィジカルインストラクター講習・臨床実習指導者講習といった講習に、希望者を積極的に参加させるようにしています。資格の取得はモチベーションアップにつながるため、受講希望者は年々増加しています。
また、認定看護師資格の取得も積極的に推進しています。資格取得のためには半年間ほど講習に専念しなければならないため、人材不足を懸念してスタッフをなかなか講習に出せないという病院もありますが、当院はグループ病院である強みを活かして積極的にバックアップしています。奨学金や休職制度などもあるため、安心して資格取得に専念できます。