認知症看護認定看護師です!!

今年度から認知症看護認定看護師として活動しています、西館6階病棟 主任の水口です。

当院では初の認知症看護認定看護師ということで、毎日試行錯誤しています。
主な活動内容としては、
・病棟における認知症者への対応
・他病棟からの相談対応
・認知症に関する勉強会の実施
・認知症初期集中支援チームでの活動
・看護学校への講義
・地域の会議への参加など・・・ 多岐にわたります。

高齢化社会が進んでいる今、当院においても認知症の方の入院は年々増えています。
認知症の方の表情や言動は、看護者の鏡とも言われています。良い対応をすれば笑顔になり、
悪い対応をすれば“不穏”や“せん妄”という形で反応が現れます。
つまり、自分の関わり方や環境調整の方法次第で、
認知症の方の反応はいくらでも変わるということです。
まさに看護の原点ともいえるのが、認知症看護だと思います。
辛く苦しい入院生活を、
いかに心地よいものにできるかを考えながら日々の看護を実践しています。

また、当院では今年度から横浜市の委託を受け、認知症初期集中支援チームを設置しています。
地域包括支援センターなどから依頼を受け、
認知症の疑いがあると思われる方のお宅への訪問をしています。
今まで病院や施設での勤務経験はありますが、
訪問は初めての経験で、私にとってとても良い刺激となっています。

認知症の方が安心して入院できる病院づくりはもちろんですが、
認知症になっても安心して暮らせる地域づくりにも貢献していきたいと思います。